ペットOK物件に巡り合うのは至難の業...ペットOK物件を効率良く探す方法をご紹介します。

ペットOK物件を効率よく探す方法と注意事項

現在では核家族化が進み世帯の構成人数は減る傾向にあります。

ただし、その一方で増加しているのがもう1人の家族とも言うべき「ペット」を飼う人です。

それに伴い、トラブルも増加しているので賃貸でも安心してペットと暮らすために

必要なことをご紹介してきましょう。

 

ペットは家族の一員

 

トラブルで最も多いのは、ペットOKではないにも関わらず隠れて飼うことです。
大家にばれて賃貸契約を解除されたり泣く泣くペットを処分することになったりということが後を絶ちません。
そうはならない為にも、ペットを飼っている場合、もしくは先々飼いたいのであればペットOK物件を選びましょう。

 

昨今ではペットOK物件も増えましたが、まだまだ部屋探しには大変な思いをすることでしょう。
建物自体がペットを飼う人向けに作られているというような物件がすぐに見つかれば理想ですが、
慢性的にペットOK物件が不足している状況で巡り合うのは至難の業。

 

苦労して見つけ出した物件の紙には「ペットOK」と書いてあったとしても、「猫はOKでも犬NG」というような種類の条件や匹数・大きさなど様々な条件があり、申込をする段階で発覚して破断ということも珍しくありません。理想の物件どころか、ペットを飼える物件を見つけるのも苦労するでしょう。

 

そもそも、なぜペットがNGなのでしょう

その理由は、大家さんが単純に動物嫌いという訳ではなく、他の住人とのトラブルを避けるためで、できればペットを飼ってほしくないというのが本音のようです。

 

近所迷惑

 

これはつまり、逆を言えばトラブルを起こす心配さえなければペットOKという表示がなくても交渉でOKが出る場合があるということです。

 

トラブルの原因としては、「匂い」「騒音」「毛や糞などのゴミ」「アレルギー」「部屋の痛み」などが代表的ですが、これらの心配を少なくすると交渉をしやすくなります。
あるいは、例えば1フロアに1部屋というように隣がいない建物や1階の角部屋等なども狙い目でしょう。

ペットの足あとに注意
ペットの匂い対策

 

 

もちろん、物件探しや交渉を個人で行なうのは大変

効率的に探す方法としては、良い不動産仲介業者の担当者を選ぶということです。
実際のところ、プロの不動産担当業者でも、どの物件がどのレベルでペットOKかNGかまでは把握できていません。

 

結局のところ、地道に大家さんに確認・交渉するしかないのですが、書面だけを見て判断する人が多いのが現実です。
ですから、まずは親身になって動いてくれる担当者を見つけることが一番です。
「ペットOK」という表示がなくても、推奨していないだけでOKなところは結構あります。
まずは「ペットNG」以外でよさそうな物件を見つけて担当者に交渉してもらいましょう。

 

良い不動産仲介業者

 

また、そのような親身になってくれる担当者の場合は、その日の内に決まらなくても他の人の案内をする際に確認して見つけてくれることや、あるいは大家からの信頼も厚く「○○さんが言うならいいよ」というケースもあります。

 

逆に「隠れて飼えばバレない」というような無責任な発言をする担当者であれば、後々大きなトラブルを巻き起こすことになりかねません。
他の担当に替えてもらうか、違う不動産仲介業者を使うことをお勧めします。

 

良い担当者の見つけ方ですが、ネットの口コミや知り合いの評判も参考になります。
業界で評判がいい会社は期待できますよね。

 

ですがやはり実際に会ってみるのが一番
初めにどのようなペットを飼える物件を探しているかを伝えて反応を見ましょう。
遠慮をして条件を控えめに言う方も多いですが、きちんと条件を伝えた方が物件を絞れて見つかる近道となりますよ。

 

ペットフード

ペットと暮らす人にとって、愛するペットの健康は大切な問題です。
ペットも病気にかかってしまうもの。健康診断に行って定期的に健康管理をしている飼い主さんも多いのではないでしょうか。

 

そんな中、やはり自分で一番手軽に行える対策は「食事」です。
ペットフードが数多く販売される世の中で、安く売るために健康に害のある素材を含むペットフードが多く出回っています。
ペットの健康を考えるのであれば、安さだけで選ぶのでは無く、品質の良し悪しを見極めて購入するようにしましょう。

 

愛犬家の方はこちらをチェック!

ドッグフード